相続トラブルに注意!異母兄弟がいる場合の相続解決事例!

相続には様々なケースがあり、中には相続トラブルが生じてしまうこともあります。

今回は当事務所の無料相談をご利用いただきました、「異母兄弟がいた相続」の解決事例について紹介いたします。

相談の内容

715390_m

依頼者の父親が亡くなり、相談を受けました。

依頼者様の亡くなったお父さんは、結婚を複数回していて、異母兄弟がいることが分かっていました。

しかし、その異母兄弟には会ったことも話したこともなかったため、相続財産(遺産)をどのように分けたらいいのか、分からずご相談を受けました。

またこのような場合、相続手続きもどのように進めたら良いか分からず、時間だけが過ぎてしまうケースもございます。

相続手続きには期限もございますので、今回のケースのように相続人と接点がない場合や手続きの進め方が分からないにはすぐに専門家へ相談することをおすすめします。

ポイント

4145699_s

亡くなった方には、不動産の他に、預貯金がありました。

遺産について、司法書士の方で調査を進め、不動産については不動産業者に依頼をして査定書を作ってもらいました。

預貯金については、銀行から残高証明書を発行してもらい、遺産の目録を作成しました。
 
異母兄弟の方には、依頼者自身も会ったことがなかったのですが、今までのお父さんとの関係や、自分が抱えている想いなどを手紙にして、相手方に送りました。

また、兄弟の中でコンタクトが取れない人がいたのですが、その方についても、お手紙を出すことになりました。

結果

相続③

相手の方からはすぐにお返事があり、遺産についての話し合いを進めた結果、遺産分割をすることが出来ました。

このケースでは相手方からすぐにお返事が来たため、円滑に相続手続きが進められましたが、相続人が疎遠な方同士の場合、遺産分割の方法で揉めてしまうケースも多いです。

相続でトラブルが生じ、揉めてしまうと弁護士に入っていただき裁判をすることになります。

弁護士の先生に依頼をして、裁判手続きをすると、時間も費用もかかってしまいます。

今回は、司法書士が中立的な立場で遺産を調査し、相続人の皆様でお話合いを進めてもらうことで、遺産の分割をすることが出来たので、裁判費用は発生しませんでした。

当事務所の無料相談について

オペレーター

当事務所では相続の無料相談を実施しております。

複雑な相続でも専門家が親身に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

ご相談は049-299-7960より宜しくお願い致します。

当事務所の無料相談について詳しくはこちらから>>

相談事例の最新記事

ご相談者様からの声 皆様からのご相談お待ちしております
相続・遺言相談受付中! 049-299-7960

049-299-7960

以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

PAGETOP