ご相談者様からの声 皆様からのご相談お待ちしております

相続の基礎知識

相続とは、亡くなった方の生前の財産を、親族が包括的に引き継ぐことを指します。
相続手続きは、遺産額の多い・少ないに関わらず、どなたにも必要になります。

相続は複雑な手続きが多いです。その対応を間違えてしまうと、大きく損をする場合もあります。

ここでは相続の基礎知識を説明していきます。

相続が発生したら

人が亡くなれば、必ず「相続」が発生します。

相続手続きには、複雑で面倒なものが多いです。また、期限が予め決められている手続きもあります。手続きを間違えたり、期限内に手続きをしなかったりすると、大きく損をする場合もあります。
複雑で困難な手続きは、専門家へお任せ下さい。

詳しくは相続が発生したらをご覧下さい。

法定相続と相続人

相続が発生した場合、民法は、誰が相続人となるのか(法定相続人)、各相続人が受け継ぐ財産の割合(法定相続分)について、規定しています。
被相続人(亡くなった方)が生前に遺言をしていなかった場合には、このルールにしたがって、法定相続人と法定相続分を考えることになります。
(「法定相続分」は民法に定められていますが、相続人全員で話し合って、民法と異なる割合で相続することは、差し支えありません)

この、民法の規定に従った相続を「法定相続」と呼びます。

詳しくは、法定相続と相続人をご覧ください。

遺産の分類と相続方法

遺産(相続財産)とは、亡くなった人が残した「権利と義務」のことを指します。権利だけではなく、義務も相続の対象になります。

相続財産には、不動産、銀行預金、株式といった、プラスの財産だけでなく、保証債務や借金などのマイナスの財産も含まれることになります。

詳しくは、遺産の分類と相続方法をご覧ください。

相続手続に必要なもの

相続手続きには多くの書類が必要になります。たとえば、戸籍謄本、除籍謄本、住民票、印鑑証明書、死亡診断書などです。

手続きによって必要な書類が異なります。

詳しくは、相続手続に必要なものをご覧ください。


相続・遺言相談受付中! 049-299-7960

以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

PAGETOP