ご相談者様からの声 皆様からのご相談お待ちしております

相続業務に対する想い

相続手続き相談業務を始めたきっかけ

40代の女性から相続登記の依頼を受けました。
お父様が亡くなり、相続手続きを全部自分一人でやったとおっしゃっていました。

その方には妹様(相続人にあたる)がいたようなのですが、妹様は遠方に住んでいましたし、仕事もされていたようなので、その依頼人様が一人で相続手続きをやったそうです。

その方は、「1人で相続手続きを全部するのは、とても大変だった」とおっしゃっていました。

相続に伴う手続き(健康保険証の返却や年金の受給停止手続)をするために、仕事の休暇を何回も取って、市役所に行ったそうです。
市の無料相談にも行ったそうですが、相続手続きの全部について総合的に相談に乗ってくれる窓口がなかったため、自分にとってどの手続きが必要で、それをいつまでにすれば良いのか、分からなかったそうです。

たとえば、ある時はお父様の健康保険証のことを聞きに行ったけれど、市役所の担当窓口では、その他のことは教えてもらえなかったそうです。介護保険証のことや年金の受給停止手続のことなどは、こちらから質問しないと教えてもらえなかったそうです。
また、市役所では民間の手続き(たとえば、ケーブルテレビやクレジットカードの解約手続きなど)については、教えてもらえなかったそうです。

自分一人で手続きをしている中で、「相続手続き全体についてアドバイスしてもらえる窓口があったら、とても助かったのに・・・」と思ったそうです。

このような感想を聞いて、私自身も反省をしました。私は司法書士として、不動産登記に関するアドバイスはしてきましたが、それ以外の相続手続きについてはア ドバイスをしてきませんでした。私は相続に関連する仕事をしていながら、登記以外のことについて依頼人様の相談を受けていませんでした。

このような経験があり、私は、「その方にとって、どの手続きが必要で、それをいつまでにすれば良いのか、アドバイスをする窓口になりたい」と思いました。

相続手続き全体についての総合相談窓口になり、相続手続きでお困りの方をサポートするために、当司法書士事務所のサービスを始めました。

相続手続き相談業務への誇り

60代後半の女性からご相談を受けました。

その方は、ご主人を亡くしました。
その方から、ご主人の思い出話や家族とのエピソードなど、貴重なお話を聞かせていただきました。

ご主人が生前にどんな仕事をしていて、どういう性格の方だったのか、家族との思い出の話、楽しかった話、最期の病状の話。色々とお話しをしていただきました。

奥様は、涙を流しながらご主人の話をしてくださいました。沢山のことを思い出して、こみ上げる思いがあったのだと思います。

私は、ご主人とはお会いしたことはありません。しかし、奥様を通じて、ご主人の想いの一端に触れたような、不思議な感覚になりました。
その方は、ご自宅の相続登記をするために、相談に来られていました。
ご自宅には、ご主人の家族への想いがたくさんつまっているのだと思います。

相続手続きは、ご主人の財産だけでなく、ご主人の想いも受け継ぐ行為だと思います。

故人が遺した想いを、ご遺族が受け継ぐ。
そのことに、相続手続きの相談を通して、私も少しだけ関与させていただくことができる。

相続手続きの相談とは、このような仕事だと思います。
この仕事に、私はやり甲斐と誇りを感じています。

相続手続サービス

当事務所では、上記のような考え方、想いを持って、相続手続きのご相談に熱意をもって取り組んでいます。

当事務所の相続手続きサービスについて、ご関心を持たれた方は、こちらをご覧ください。相続手続きについて、当事務所のサービスをご紹介します。ぜひご覧ください。

>> 相続手続

また、相続手続きや相続放棄に関して、よくいただく質問をまとめています。
分かりやすい説明を心がけています。ぜひご活用ください。

>> 相続手続、相続放棄に関するQ&A


相続・遺言相談受付中! 049-299-7960

以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

PAGETOP