ご相談者様からの声 皆様からのご相談お待ちしております

税金関連の手続き

準確定申告 故人に代わって所得税の確定申告をすることを、準確定申告と呼びます。
故人が、確定申告をしていた、または確定申告をする予定だったような場合には、相続人が故人に代わって申告をします。

具体的には、以下のようなケースが考えられます。
(1)公的年金の受給者で、確定申告をすれば税金の還付が受けられる。
(2)生前に多額の医療費を払った。
(3)個人事業主だった。
(4)不動産収入があった。
(5)不動産などの譲渡所得があった。

故人の住所地を管轄する税務署に申告します。

期限は、相続が開始したことを知った日から4か月以内です。

相続税の申告 一定の相続財産があった場合、相続税の申告が必要になります。
相続が開始したことを知った日(通常は、故人が亡くなった日)から
10か月以内に、故人の住所地を管轄する税務署に申告します。

相続・遺言相談受付中! 049-299-7960

以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

PAGETOP